• 「急な冠婚葬祭の予定が入ったけど、財布の中身が心もとない」
  • 「明日デートだけど、軍資金が足りない、彼女にかっこ悪い姿は見せれない」
  • 「公共料金の引き落としを忘れていた、口座の残高が足りない」

 

 

長い人生の中では時としてこのような事態に陥ることがあります。手元のお金が足りない、急な出費が重なった、どうしてもお金が不足する……

 

このようなピンチのときにあなたならどう対応しますか?


親や友人に借りるのも立派な手段

身近な存在である親や友人に頼み込んでお金を借りることも、立派な方法のひとつです。
お金が必要となる理由をきちんと説明して、相手の理解を得ることができればお金を借りることもできるでしょう。

 

通常、借りたお金に対する金利や手数料までは要求されないでしょうから、お金を借りる手段としては一番負担の少ない方法といえるかもしれません。

 

しかし相手の理解を得るには何度も説得を試みなければいけません。時間も日数も必要となり、急な出費には間に合わないかもしれません。またお金のトラブルは深刻な人間関係の悪化を招く危険性があります。

 

万が一約束通り返済できなければ、これまでの関係が一気に崩壊してしまうかもしれません。

 

即日融資対応のカードローンやキャッシングなら安心

自己都合でどうしてもすぐにお金を借りなければいけない状態では、即日融資に対応したカードローンやキャッシングが最適といえるでしょう。

 

審査にさえ合格できれば、すぐにまとまったお金を借りることができます。借りたお金は基本的に自由に使用することができ、その都度カードローン会社などに説明する必要もありません。最近の金融機関では、多くの先で即日融資のカードローンやキャッシングを商品化しています。

 

「即日融資」とは文字通り、申込を行ったその日に融資を受けることができるという意味です。店頭やインターネット、無人契約機から申込を行うと、すぐに審査が開始されます。早ければ30分程度で審査結果が回答され、1時間もあれば契約完了、まとまった融資を受けることが可能です。

 

融資を受ける方法は次の2通りがあります。
取扱金融機関により対応が異なっていますので事前に確認しておきましょう。

 

専用カードを使用する

審査に合格すると借入専用のカードが発行されます。
そのカードを銀行やカードローン会社、コンビニなどのATMやCDに投入して現金を引き出すことで借入が成立します。

 

ちょうど銀行のキャッシュカードを利用して現金を引き出す要領ですが、あくまで借入であって自分のお金を引き出すのではありませんので注意しましょう。ちなみにATMとは「現金自動受払機」の略で現金の入金・出金の両方を行うことができます。

 

対してCDとは「現金自動支払機」の略で現金の出金はできますが、入金は利用できません。カードローンやキャッシングでは返済の際にもカードを使用することができますが、ATMでは返済できてもCDでは返済できませんので注意しましょう。

 

口座振込

融資金を指定した銀行などの口座に振込します。
通常振込手数料は発生しませんので、費用負担を心配する必要はありません。

 

審査に合格すると早ければ瞬時に振込が完了しますので、その後現金を引き出すことができます。口座残高不足にも有効で、銀行に行く時間が無いという状況でも安心して利用することができるでしょう。

 

受付時間帯に注意

即日融資対応のカードローンやキャッシングを利用するには、その受付時間帯に注意しておきましょう。審査に合格すると即座に融資可能となりますが、いくら即日融資可能とはいっても深夜の時間帯に申込んでその日に融資というのは無理があります。

 

即日融資を受けるには、最低でも平日の14時頃、できれば平日の午前中に申込手続きを完了させておきましょう。土日や祝日も申込自体は受付していますが、その日に融資可能としている金融機関は少ないのが実情です。

 

口座振込により融資金の受取を希望する方は、さらに注意が必要です。銀行などの金融機関の振込対応時間は、通常平日の14時までとなっています。それまでに審査を含めた全ての手続きを完了させておかなければいけません。そのためにも最低でも平日の午前中に申込を完了させておくようにしましょう。

 

14時までに申込できなかった場合には

どうしても平日の14時までに申込できなかった方でも、即日融資を活用する方法はあります。それは「インターネット申込」を利用する方法です。

 

最近ではほとんどの金融機関でインターネットを利用したローンの申込が可能になっています。パソコンだけでなくスマートフォンからも申込できますので、多忙な方でも安心して利用することができるようになっています。

 

インターネットを利用した即日融資の活用方法は以下の通りです。

インターネットのホームページから申込を行う。

→審査に合格すると、その結果を店頭や無人契約機に持参する。
→店頭や無人契約機で契約を行い、借入カードを受け取る。
→脇に設置されているATMやCDで借入を行う。

 

振込融資は利用できませんが、この方法であれば遅い先で20時頃まで融資を利用することができます。ただし対応は各社で異なっていますので、事前にきちんと確認しておくようにしましょう。

 

即日融資を選ぶポイント

最近ではほとんどの金融機関のカードローンやキャッシングが即日融資に対応しています。比較的審査が遅いとされていた銀行でも、即日融資対応のカードローンが商品化されるようになっています。

 

そこで問題となるのが「どこで借りればいいのか」ということです。各社で条件が異なっていますので、自分にあった最適な先を選ぶことが重要になってきます。

 

以下のポイントに注目して最適な一枚を探すようにしましょう。

 

金利

借入後の返済負担を考えると、金利の問題は外すことはできません。
「できるたけ低金利で借りたい」と誰もが考えるでしょう。

 

カードローンなどの金利には一定の幅があり、どの金利が適用されるのかは実際に申込んでみなければ分かりません。そこで金利を比較する場合には「最上限金利」に注目してみていくようにしましょう。

 

一般的に銀行系のカードローンは金利が低く、消費者金融系のカードローンは金利が高いといわれています。ただし消費者金融の中には「無利息サービス」を提供している先があります。ほとんどの先が「初回利用者限定」となっていますが、お金を借りるのに無利息で利用できるメリットは計り知れないものがあるでしょう。

 

確実に返済できる目途があるのであれば、このような「無利息サービス」を活用するのが有効的といえるかもしれません。

 

借入限度額

自分の状況に応じた借入が可能かどうかも重要なポイントです。いくら即日融資可能とはいっても希望する金額を借りることができなければ、問題が解決できないこともあるでしょう。ただし実際にいくら借りることができるかは審査に合格しなければ分かりません。

 

一般的に銀行系カードローンは高限度額とされていますが、消費者金融系カードローンに比較して審査基準が厳しくなっています。自分の返済能力などをよく把握したうえで申込を行う先を決定しましょう。

 

返済方式

意外と盲点なのが借入後の返済方式です。
同じ借入金額で、同じ金利であっても返済方式の違いによって返済金額や返済期間が大きく異なります。

 

とくに注意が必要なのが「リボルビング返済」です。

 

現在のカードローンの主流となっている返済方式で、毎月の返済金額自体を少なく抑えることができる半面、返済期間が長期化することもあります。それだけ返済利息の総額が大きくなりますので注意しましょう。

 


各社のホームページではそれぞれの返済方式によった返済シュミレーションを利用できるツールが整っています。申込の前に必ず確認し、念密な返済計画を立てるようにしましょう。

 

即日融資のカードローンやキャッシングを利用することで、日常生活のピンチを脱出することができます。ただしあくまで借金であって、借りたお金は利息を含めて返済しなければいけません。つい借りることばかりに頭が働いて、返済のことがないがしろになるかもしれませんが、万が一返済できない状況に陥ると以後の人生に悪影響を与える危険性もあります。

 

利用前には必ず返済計画を立てて、無理のない利用を心がけるとともに、借りたお金はなるべく早期に返済していくようにしましょう。

更新履歴