即日融資を収入証明不要で利用できる?

「即日融資」のキャッシングやカードローンでは「収入証明書類」を準備しなくてはいけません。しかし何らかの事情ですぐに準備できないこともあるでしょう。
例えば次のようなケースが考えられます。

  • 給与明細を紛失してしまった、勤務先に再発行を依頼しても日数がかかる。
  • どうしても役所に行く時間がとれないが、どうしても今日中に借りなければいけない。

 

このようなニーズに応える目的で、最近では「収入証明不要」のキャッシングやカードローンも登場しています。

 

収入証明不要の条件は?

そもそも収入証明書類の徴求は、金融機関にとって法律上定められている義務となっています。次の条件を満たす申込を受付した金融機関は、収入証明書類で利用者の年収を確認する義務が設けられています。
  • 新規申込金額が50万円を越える場合
  • 新規申込金額と他社の合計借入金額が100万円を越える場合

 

これは「改正貸金業法」における「総量規制」の制度で定められている条件です。
逆にいえばこの条件を満たさない場合には、「法律上」は収入証明書類を徴求する義務は無い、ということになります。

 

そのため多くの金融機関では顧客の利便性を考慮して「○○円以下の申込で収入証明書類提出不要!!」という宣伝を掲げています。もちろん利用者にとってありがたいサービスであることはいうまでもありません。

 

銀行融資はさらにハードルが低い!!

銀行カードローンなどは、さらに収入証明書類不要とする申込金額のハードルが低い先も多くなっています。そもそも銀行カードローンは「総量規制」の対象とはなりません。そのため法律上収入証明書類を徴求する義務はないのです。

 

もちろん無条件に提出不要とすることはできませんが、「総量規制対象」の金融機関よりも高額の申込でも提出不要となっている銀行が多くある点は魅力の一つといえるでしょう。中には「500万円程度」の申込でも不要としている先があるのは驚きです。

 

条件を満たしていても必要となるケースも!!

ただし申込金額が提出不要の条件を満たしている場合でも、審査の過程で収入証明書類が要求されることもあります。審査上何らかの問題点が生じた場合には、やはりきちんとした書類で確認する必要があるのです。

 

利用者によって異なりますので、どのような状況なのかを一概に説明することはできません。しかし誰にでも起こりうることですので注意が必要でしょう。

 

万が一提出に時間がかかってしまうと、借入需要に間に合わないかもしれません。
いざという場合に慌てないように、できれば申込金額に関わらず事前に準備したうえで審査に臨むようにしましょう。