即日融資の申込方法

現在のキャッシングやカードローンには様々な申込方法が準備されています。自分の都合や生活スタイルに応じた方法を選択できますので非常に便利です。ただし申込を行ったその日に融資を受ける「即日融資」を希望するなら、申込方法には注意しておかなくてはいけません。

 

例えば「郵送」での申込では、審査開始は申込書などが会社に到着してからとなります。
最低でも2〜3日は必要となりますので、即日融資には不適切であるといえるでしょう。

 

インターネットでの申込でも注意が必要

最近のキャッシングやカードローンはインターネットからの申込が主流になっています。
自宅などから簡単に申込を行うことができるとあって、非常に人気が高まっています。
ただし即日融資を希望する場合には、インターネットからの申込でも注意する点があります。

 

それは「借入方法」です。

 

キャッシングやカードローンは基本的に借入専用のカードを利用して現金を借入します。
ところがインターネットで申込を行い、借入カードの受取を「郵送」と指定した場合、借入可能はそのカードが自宅などに発送されてからとなります。

 

これでは「即日融資」に対応することはできません。
「即日融資」を希望するなら、カード受取方法を「店舗や無人契約機」と指定する必要があります。審査結果を持って、最寄りの店舗や無人契約機でカードを受け取るようにしましょう。

 

借入カードを利用しないで「振込」により借入を行う場合にも注意が必要です。
通常銀行などが振込対応できるのは「平日の14時まで」となっています。

 

これを越えると振込受付は行われるものの、実際の振込処理は翌営業日となります。そのため「即日融資」を希望するなら、それまでに審査を含めた全ての処理が完了していなけれればいけません。逆算すると「平日の午前中」を目安に申込手続きは全て完了させておきましょう。

 

これらの対応は会社により異なっています。
いざという場合慌てないためにも、事前にきちんと確認しておくようにしましょう。

 

電話申込でも同様

これらの状況は「電話」を利用した申込でも同様のことがいえます。
固定電話・携帯電話・スマートフォンなどからの申込でも、即日融資可能かどうか十分確認するようにしましょう。

 

電話の場合には、その場で担当者と話を行いながら申込を進めますので、同時に融資可能時間帯やその方法についてアドバイスを受けるようにしましょう。

 

店頭・無人契約機なら即日融資も可能

一方店頭や無人契約機で直接申込むのであれば、十分即日融資に対応も可能でしょう。
審査結果は早くて30分程度で完了しますので、それほど時間を気にする必要もありません。

 

店頭であれば直接担当者と話をすることもできますし、無人契約機でも専用電話を通じて担当者と会話を行うことができます。キャッシングやカードローンをりようする上での悩みや問題をその場で解決できる点は大きなメリットといえるでしょう。